スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5世代結論パ@シカゴさん

kage

2012/02/19 (Sun)

このパーティは、シカゴさんが本日176人規模の大会にて優勝なさったときのパーティです。数ある(今日までで15個くらい)第5世代結論パの中でも特に強力な結論パだそうです。

~シカゴ氏のコミュニティ:co646848~
レート枠メインで放送なさってる生主さん。ニコ生界屈指のカリスマ。



ラティオス@珠
流星群/草結び/めざ炎/サイコショック
臆病CS

ハッサム@オッカ
バレパン/とんぼ/馬鹿力/剣舞

テラキオン@ラム
インファ/エッジ/石化/剣舞
陽気AS

マンムー@襷
つらら/地震/エッジ/礫
意地っ張りAS

スイクン@オボン
零度/神速
H全振り、Dラティの眼鏡雷耐え残りB

サンダー@ゴツメ
10万/めざ氷/熱風/羽休め
陽気ガブの逆鱗耐え+ラティの眼鏡流星群耐え

【勝手に考察】
ラティハッサムテラキ軸。受けループ対策はテラキと零度スイクンに一任してるため、よほどのことが無い限りまず勝てない。テラキのエッジで受けループは大体いけそうではないか?などと誤解している人が最近では多いようだが、
「テラキの舞ジュエッジおよび2舞エッジをHBヤドランは最高乱数で耐え、HBグライですら高乱数で耐える。」
これは意外と知られていない事実であるが、こんなことも知らずに陽気グライおよびDにちょっと裂いたヤドランばかりが溢れ返っているのが現状である。(言い換えれば、テラキの対策を切った受けループが溢れているということだ。)

話がそれたが、このPTにおけるカバドリュ対策について。驚くことに、これでカバドリュを幾度と無く突破しているのが事実である。以下種あかし

ラティorマンムー+テラキオン+なんか

①カバvsラティorマンムー対面、カバ側は欠伸orステロ、こっちは攻撃、次に初手欠伸だったらラムテラキに交代、ステロなら攻撃(この攻撃でカバを落とせなかったら次ターンでラムテラキ、落ちたらカバによる起点作りは回避)

②ラムテラキ降臨からインファ連打、カバ落ちてラム発動からドリュウズ降臨、地震で落とされる。すると、剣舞積まれないから無積みの珠ドリュvsなんかの対面が作れてカバドリュ作戦は失敗、控え勝負に持ち込める。

結論ラムテラキが鍵。


vsトノグドラナット→環境にトノグドラナットなんていない。いたら零度ゲー。

バンギラス+グライオンみたいな中途半端な受けループやカバドリュといったPTが溢れてる今の環境だから戦える。むしろ、流行って無いPTの対策をとことん切ることで環境下における制圧力を最大限に求めたPTと言えよう。
関連記事

この記事へのコメント

kage

過去記事コメ失礼します


これ以外に結論パってどんなパーティがあるんですか?

やっぱりバシャラティボルト辺りが入りますかねえ

Posted at 21:59:48 2012/09/19 by

この記事へのコメント

kage

非常に申し訳無いのですが、そもそも第5世代には結論パなるものが存在しない(あるいは、多様なスタンパ群)ということが通説となっております。

バシャやボルトが入っていても、それは結論パであるとも、そうでないとも断言できません。真面目な話、このPTを結論パとして良いのかどうかすら議論しなければなりません。じゃぁ何故載せたのかっていう話ですよね(

Posted at 21:11:53 2012/09/20 by ドナドナ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。