スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無限グライオンについて

kage

2012/02/04 (Sat)

【グライオン裁判】

試合終盤の局面。プレイヤー1、2共に
「まもる/身代わり/地震/どくどく@毒毒玉」といった型のグライ同士のラス1対面。
ただし、プレイヤー1の方のグライはPPが合計で10ほど削れている状態(体力は満タン)。一方プレイヤー2のグライはPP・体力共に満タン。お互い試合の流れ上技が4つとも割れていて、かつプレイヤー1のほうがPP的に不利だということも双方認識している。普通に最後まで試合を続けたら間違いなくプレイヤー1の負け。そんな状態。

ここでプレイヤー1側は降参を押せば試合の決着がつくわけだが、プレイヤー1は「相手がPPを増やしていない」という勝ち筋を考えてあくまで降参しないスタイル。泥沼PP合戦への意思を固め、試合を続ける。

数ターン後。プレイヤー2は何故相手は降参を選んでくれないのか理解できず、憤りを感じている。

更に数ターン後、プレイヤー2はいい加減我慢出来なくなり「放置」と言われても仕方ない行動をとる(対戦を続けながら別の作業をする)。

ほぼ放置状態にあるプレイヤー2の態度に腹を立たせたプレイヤー1は直接プレイヤー2に抗議。
P1「このような遅延行為はマナー違反ではないのか?」
その言葉におもわずプレイヤー2も激怒。
P2「遅延行為を先に行ったのはそちらではないか。試合の決着はついたも同然、試合を終わらせたいならそっちが降参を押せばよい。」
P1「厳密には遅延行為ではない。こちらには微かではあるが勝ち筋が残っている以上、P2は何分かかろうと最後まで試合に付き合うべきだ。」
P2「そっちに勝ち筋など残っていない。DSボタンの押しミスやPPが増えていない等、対戦仕様に関係の無いポイントは勝ち筋と認められないはずだ。」

さて、プレイヤー1とプレイヤー2、どちらのほうがマナー違反と思いますか???
関連記事

この記事へのコメント

kage

No title

PPが満タンで技が4つ割れてるってありえるのかと・・・

いうのはおいておいて;-^
P1はワンチャン勝ち筋にすがりついて最後まで降参を選ばない、
P2は勝ち確を確信しているにも関わらず勝負に関係ない方法で間接的遅延行為を取る。

"マナー違反"なのはP2のほうですね。
PP的な遅延行為を嫌うのだったら、試合中に直接「こちらは技4つPPMAXである」ということを直接抗議して、勝ちを譲っていただくのがベストなんじゃないんでしょうかね。
それが億劫なら試合が決するまで意味のないPP合戦を続ければ問題ないですし。

Posted at 10:57:19 2012/02/05 by くず星

この記事へのコメント

kage

>くず星さん

PP満タンの状態からP2は相手の降参を誘うために4ターンかけてわざと4つ違う技を選択した、とでも解釈してください(^-;

なるほど。フレ戦を除けば
直接「こちらは技4つPPMAXである」ということを直接抗議
なんてこと実際には出来る機会はほとんど無いでしょうから、「意味のないPP合戦」を続けざるをえないのは無限グライ使いの性なんでしょうね。

Posted at 23:47:22 2012/02/05 by ドナドナ

この記事へのコメント

kage

相手の心情を慮るのがマナーだとするなら双方マナー違反。ただしマナー違反だとしてもルールに反していなければあくまで勝負にこだわると言うのは個人的にはアリ。その意味では放置による遅延も已む無し。切断はルール違反。

Posted at 10:44:21 2012/10/06 by gyou

この記事へのコメント

kage

心理学的でなかなか面白い記事ですね。
今のポケモン、多くのプレイヤーにこういった質問をぶつけるべきと言えるのではないのでしょうか。

私の決断はですね、勝手に後ほどの勝敗を決めつけ、個人の感情で放置に走ったP2に非があると考えます。

P2はP1に遅延行為を言っていますが、P1は本当にほったからしにはせず、技の使用を選択はしているので遅延にはなりません。悪あがき戦を狙っているという解釈も可能です。

対してP2はP1の耐えようとしている行動に、なぜまだ耐えるのか?と疑いもせず、勝手に後の勝敗を決めつけて降参を押しつけて意図的な放置プレイを仕出かしているわけで、個人の感情だけに判断を傾けていると解釈でき、P2に非があると判断できます。

P2の行動はたまに聞くガチ厨の典型的な行動と言えるでしょう。

今日初めてこの記事を読んだ時、私の決断は意外と簡単に出てきましたね。

Posted at 00:18:06 2012/10/12 by フェンリル

この記事へのコメント

kage

なるほど、P2の批判がよく見受けられますね。皆さんごもっともです。

P1側の意見が少ないようなので、少し語ります。
P1の落ち度、相手のPP増やしてない可能性に賭けるという主張は、通常起こり得ない勝ち筋。相手のボタン押しミスや、急用で棄権待ち 等と同じ類のもの(勿論起こる頻度には差がありますが)と私は考えてます。

Posted at 21:54:26 2012/10/12 by ドナドナ

この記事へのコメント

kage

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Posted at 04:28:58 2015/10/30 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。