スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムオンライン バグでガシャの確率が0.05%と判明した件について

kage

2013/05/03 (Fri)

はい(´・ω・`)

なんかガンダムオンライン知らない人が
「大当たりの確率0.05%は違法じゃないの?」
とか
「0.05%とか他のゲームじゃ普通でしょ。大したことない」
とか
見当違いのこと言ってるようなので、今回の件、どこがやばいのか、詳しく解説しようと思います。


まず0.05%というのはゲーム内マネーで回せるガシャの確率であり、課金ガシャの確率ではありません。課金ガシャは1回315円、大当たりの確率は1%ですから、ぎりぎりセーフですね。

じゃあ、本当にガンオンは「ネトゲだと普通」なのかというと、ずばりNoです。


5月現在、ガンオンの実装機体数は56機ある訳ですが、そのうち初期機体(最初に配備される機体、あるいはプレイして1時間以内には手に入るような機体)は各陣営9機ずつです。

そして・・・・ここが一番問題なのですが

無課金で初期機体9機以外の機体の入手法は、この0.05%ガシャに限定されます。
・・・・それでもまだ、「2000回まわせば出るんだから大したこと無い」と思うかもしれませんね。

ところで、1回まわせるだけのゲーム内マネーは3000GPです。
上級者ならともかく、大多数のプレイヤーは3000GP稼ぐのに2試合、下手な人だと3試合こなす必要があります。1試合にかかる時間が20分ですから、参戦待ち時間もあわせて45分ほどプレイしてやっと1回まわせるかどうかってところです。

ガシャ1回まわす敷居が非常に高い訳ですね。極端な話、よほどの強運の持ち主で無い限り、ゲーム内マネー用ガシャから新機体を狙って出すのはまず無理なレベルです。

無課金の場合、初期機体9機以外ほとんど使えないということです。

では課金した場合どうなのか。先ほど述べた通り、課金ガシャから大当たりを引く確率は1%です。が、その大当たり以外の景品はいわゆる「初期機体」な訳です。

つまり、3万ほど課金すれば初期機体9機に加えて、2、3機ほどプラスで遊べるわけです。
ガシャ更新が1ヶ月に1度ありますから、月3万ずつ払えば毎月2,3機遊べる機体が増えていきます。




以上を分かりやすくまとめると


・無料コース
各陣営9機ずつ。それ以外の機体は使用不可。
・有料コース(月額31500円)
初期機体9機に加え、毎月2.3機ほど使用出来る機体が増えていく。


ガシャの確率が無謀だとバレたことで、こういう仕組みになっていたことが明らかになりました。
ちなみに、機体格差も酷く、基本的に初期機体では中々戦えません。
今月新マップ「ソロモン」が実装されたわけですが、このマップ、露骨に機体格差が出てしまうので


「初期機体の多い方が負ける。初期機体しか持ってないやつは参戦するな!」
とゲーム内チャットでは平気で飛び交う始末。有料コース(月額31500円)のプレイヤー以外は参戦お断りということですね。

ちなみに両陣営遊ぶなら有料コースの値段は倍の63000円。もうね・・・恐らく、ネトゲの中では最も敷居の高いゲームだと思います。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。