スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雷パンチ メタグロス

kage

2012/05/30 (Wed)

ふと思いついた雷Pグロスの草案。

意地っ張りにしてAに228振る。鉢巻を持たせることでHBムドーに対して90%、ヤドランに対して84%の乱数2。
ちなみに、ムドーに対しての乱数が252振りの場合も228振りの場合と変わらなかったため228振りを基準にした。
バンギ+ムドー、ヤドラン、ブルン、ギャラetcに強くなれそう。
Sには零度スイクンやブルンを抜かせるくらいに振ったほうがいいか。
そこまで振れば耐久は捨てる覚悟。鉢巻ハッサムの要領でバレPも必須級。

ガブと対面したとき、冷凍P(持ってないけど。持ってる読みの)を受けに水タイプやハッサムが出てくること請け合いだろう。
両方に通る地震も採用候補。

ラティと対面したとき・・・・・・・・追い討ちくらいしかないか。
前も言ったけど、追い討ちとバレPの相性は良い。引っ込めたあと腐りにくい。

地震/雷P/追い討ち/バレP

本当は思念を入れたいのだが、命中90の威力80、期待値的にはめざパ並とかさすがになめてる。

ラティを意識しないのであれば、バンギorハピ+グライに強くなれる冷凍Pもあり。

地震/雷P/冷P/バレP

名づけて三色パンチメタグロス。鉢巻だからこそ機能するかも。
スポンサーサイト

SSPノオーガブロトム

kage

2012/05/29 (Tue)

【SSPノオーガブロトム】
SSPの期限が近いため、これからは今までよりも簡素な記事になります。

シングルスターターPTシリーズ第三弾はノオーガブロトム。水枠が受けポケモンでないため、よりアグレッシブな試合展開が楽しめる。


ユキノオー@襷
ふぶき/草結び/宿り木/まもる
控えめCS

ガブリアス@スカーフ
逆鱗/地震/エッジ/ダブチョ
意地っ張りAS

水ロトム@水ジュエル
ボルチェン/ドロポン/めざ炎/電磁波
控えめ 157(252)-x-137(76)-152(112)-128(4)-114(64)
準速ノオー抜き バシャの珠ひざ耐え

ローブシン@力の鉢巻
ドレパン/マッパ/しっぺ/ビルド
慎重 211(244)-168(60)-116(4)-x-121(196)-66(4)
ラティの眼鏡流星群耐え

メタグロス@鉢巻
思念/アムハン/追い討ち/バレP
意地っ張り 187(252)-189(132)-151(4)-x-125(116)-91(4)
ラティの波乗り2耐え

ウルガモス@ラム
大文字/さざめき/超舞/サイキネ
控えめ 191(244)-x-86(4)-180(68)-132(52)-138(140)

【解説】
妥協に妥協を重ねたノオースタン。

なんでこうなの?
⇒大方作りやすいから

ロトムの電磁波は交代読み程度しか使えない。
ドランやノオーミラーに対して安定させるためにブシンはHD。
グロスに追い討ち入れるなら、ラティに撃った後引き、その後に仕事するためにはバレP必須。

ヤミラミ 調整(配分)

kage

2012/05/26 (Sat)

【ヤミラミ 育成論 調整(配分)】
夢解禁により驚異的な強さを手に入れたヤミラミ氏。
個人的にはゲンガーに肩を並べられるレベルだと思う。
型読みの択、火力および浮遊等強いゲンガー。対してこっちは、悪戯心と耐久力(相対的な耐久)が強い。
ヘドゲンもヤミラミもメジャーポケによく刺さるのだが、如何せん鬼火の命中率が仇となり使用率は低め。

■配分■
①バランス振り
穏やか 157(252)-x-113(140)-85(0)-110(116)-70(0)@残飯
テラキオンのジュエルエッジを高乱数(7/8)耐え
臆病ラティオスの流星群耐え

まぁ・・・・こうなりますわな。最も有名な配分の一つ。

②やや特殊寄り
穏やか 157(252)-x-103(60)-85(0)-121(196)-70(0)@残飯
意地っ張りカイリューの逆鱗最高乱数耐え

■技構成■
身代わりか瞑想を搭載しないと眼鏡ラティに弱くなる。
攻撃技についてはシャドボとナイトヘッドの2択。こいつは低いCのせいで遂行速度があまりにも遅く、たとえ瞑想型でもナイトヘッドを採用する余地はある。

パターン①身代わり搭載
[攻撃技]/鬼火/身代わり/挑発or再生
ヘドゲンっぽい。
挑発ならラキグライムドーに強めだが、グライが毒状態だと地震連打でタイマンで負け得ることも。
再生の場合は持ち物を光の粉にしてみるのも面白い。

パターン②瞑想再生
[攻撃技]/鬼火/瞑想/再生
ヘドゲンとは完璧に違う。
後出し性能は低く、あくまでランクルスのように有利対面から頑張る子。
ただし身代わりが無い分状態異常に弱い。

ポケモン第6世代の発売日予想

kage

2012/05/15 (Tue)

各世代の発売日、および各々の次世代発売までの期間をまとめてみる。

第1世代 赤・緑 1996年2月27日発売
↓約3年と7ヶ月
第2世代 金・銀 1999年11月21日発売
↓約3年
第3世代 ルビサファ 2002年11月21日発売
↓約3年と10ヶ月
第4世代 ダイヤモンド・パール 2006年9月28日発売
↓約4年
第5世代 ブラック・ホワイト 2010年9月18日発売
↓約3年半~4年程度?

と、これだけ見れば、第6世代は2014年前期くらいになるのではないかと考えられる。
が、ここでハードの発売日も考慮に入れてみる。

GBC発売日:1998年10月21日 金・銀発売までの期間は約1年と1ヶ月
GBA発売日:2001年3月21日 ルビサファ発売までの期間は約1年と8ヶ月
NDS発売日:2004年12月2日 ダイパ発売までの期間は約1年と10ヶ月
3DS発売日:2011年2月26日

驚くべきことに、新ハードが発売されてから2~4世代は2年も経たないうちに新世代に突入している。だが、3DSにおいては2年後は2013年2月。2012年6月にBW2を発売するのであれば、新ハード発売から2年以内発売はかなりの困難を極める。

ポケモンはマリオに次ぐ任天堂ハードのキラータイトルである。新ハードが出たら早々にそのハードに対応した新作を出すべきであろう。だが、NDSがあまりにも長生きしすぎたせいか、今までのサイクルが狂ってしまっている。

3DSを伸ばすために新作を早期にぶつけてくるのであれば、ルビサファのリメイクを見送り、2014年とは言わずに2013年に発売する可能性も無きにしも非ずではなかろうか。

ところで、今までのMC、リメイクを含めた最短のスパンはFL・LGからエメラルドまでの約8ヶ月。あまりにも短すぎる例ではあるが、これも考慮に入れるなら、

第6世代発売日は、早ければ2013年の2月~5月頃

になるのではないかと私は予想する。
・・・・・・・・・・次世代機最初のポケモンがリメイク作品という暴挙に出ないこと前提であるが。

高種族値天候スタン構想

kage

2012/05/14 (Mon)

天候変化ポケ以外は全て高種族値ポケでまとめたPT。ここでは合計種族値580以上を高種族値と定める。
4世代結論パも結局は高種族値スタンに落ち着いた。

霰軸は5秒で回答することが出来る。


その他の天候について。
まずはバンギ砂。バンギ砂において、テラキオンが封じられたも同然である以上、格闘枠はビリジコバルに限られる。ビリジオンの方が扱いやすそうなのでこっち。雨パのけん制にもなる。
水枠はスイクンしかいない。鋼はドランかグロスの2択になるが、ガブにより圧力をかけれそうなグロスにしてみる。


巡り巡ってこうなってしまった。4世代結論パにおける隙(対カバドリ等)をビリジオンで補えてる気がする。

雨。残り物を寄せ集める・・・・・。


仕方なくボルトロスを採用したが、夢ライコウが出ればそっちの方が良い。

とりあえず3個。タイプ被りは竜・飛行以外無し。飛行もライコウ次第で解消される。
あとは技構成を吟味すれば完成である。

終わり。

預言者おる;;

kage

2012/05/12 (Sat)

昔のとある記事のコメント返信にて。そんくらい誰でも予想出来たって?私もそう思います。
↓↓↓


ボルトルネが子鬼チックだったら、というのは物凄くいいアイデアですね。そもそも「おっさん+コピペ」のマッチングが叩かれるルーツなわけですし。次回作でフォルムチェンジでもしてくれたらいいのに・・・・。

2012-01-20 : ドナドナ URL : edit

サンダース 調整(配分)

kage

2012/05/08 (Tue)

【ボルト抜きサンダース 育成論 調整(配分)】
サンダース
さぁて今回のポケモンはぁ?ピッピカチュゥ~
No135といえば、そう、サンダースじゃな♪

■ボルト抜きサンダース配分■
臆病 159(148)-x-80(0)-140(76)-137(172)-180(108)
めざ氷理想固体
最速ボルトロス抜き
身代わりダメ+ラティの眼鏡竜の波動確定耐え

むっちゃ耐久に振ってある。特性:逐電は耐久振りと中々相性が良い。今回はこれで考察していく。

■技構成考察■
せっかく身代わり込みの調整をしたため、身代わりは入れたい。それとめざ氷固体なのでめざパと、合わせて2枠は確定とする。

[選択]/[選択]/めざ氷/身代わり

①眼鏡ラティを含む多くのラティに勝てる型
ボルチェン/シャドボ/めざ氷/身代わり@帯
帯込みシャドボで無振りラティオスを確定2発。対面初手身代わりにより、流星群が来ても竜波動が来てもシャドボの試行回数が2度稼げる。
めざ氷の火力については少し難があり、無振りガブリアス相手に中乱数。まぁグライオン等の電気無効勢に撃てればそれでよい。

②欠伸搭載型
ボルチェン/めざ氷/欠伸/身代わり@選択
よくある欠伸身代わり。ラティ対面時身代わりした後することないから欠伸で流そうという発想。

③電磁波撒き型
ボルチェン/めざ氷/電磁波/身代わり@選択
ダースに電磁波とか初代かよ。ラティ対面時身代わりした後、取りあえず電磁波撃って機能を停止させ、ボルチェンで逃げるのが理想。電磁波撒きボルトに対して投げて、逆にこっちが電磁波をばら撒いて相手を崩すことが可能。


※追記
夢ライコウが来たらこの記事は爆破。

なぜ水タイプはB振り安定か。

kage

2012/05/02 (Wed)

あくまで私個人の思想なのだが、基本水タイプはB振り安定である。

ランターンやトリトドン、シャワーズやミロカロスですらDには振るべきではない。少なくともレート環境ではそうである。まずはB振りの利点から説明する。

・メジャー格闘勢へのけん制。

今作では格闘は水に弱いという奇妙な相性関係が存在する。それは主にテラキバシャ、および熱湯の存在によるものであるが、水タイプがテラキオンの鉢巻インファ耐えくらいまでBに裂けば、大抵の格闘勢にタイマンで勝てるようになる。

・今作での地面勢の強化。

今作でガブリアスだけでなく、ドリュウズやランドロスといった砂パのエースポケモンが登場したが、それらは全て物理型のポケモンであるため、B振りの必要性は非常に高い。また、水タイプがサブウェポンとしてよく採用する冷凍ビームは、草勢よりも専らガブやランドロスに打つ機会の方が多いはずだ。Bに振ったところでカバドリュには勝てないではないか、という意見もあるかもしれないが、カバドリュは極めて稀な例外として考えて欲しい。

次に、D振りが何故駄目かについて。
水タイプは氷や炎といった、割と特殊技で多いタイプを半減することが出来る。

が、残念なことに、それらの特殊技を放ってくるポケモンは水タイプに弱くないポケモンが多い。代表的なのがユキノオーとウルガモス。ノオーは草タイプを持っているから仕方ないとして、耐久振りが多い水タイプにとって、蝶舞を有するウルガモスを突破するには火力が足りないことが多い。正直D振りして得する相手はシャンデラくらいしか思いつかない。

ここまでで水単はすべからくB振り安定なのは分かったと思うが、腑に落ちないのがランターンとトリトドンであろう。サンダーや水ロトムのような水勢への後出しという役割を考えるなら、D振りの方が良いのではないか・・・・・そう思うかもしれない。が、実はそんなことはない。そもそもランターンやトリトドンはDに振らなくても役割遂行のためには十分すぎる特殊耐久を有している。ロトムの半減ドロポンで押し切られる、なんてことはまずない。気合玉搭載の珠ボルトロスはどうするんだ、と思うかもしれないが、もしボルトが気合玉を当ててくるのであれば、そもそもHDですら受からない。めざ氷なんて雀の涙、電気技は無効。以上より、電気無効の水勢においてもD振りの利点は薄いと思われる。


ちなみに、ルンパのようなD振りもありかもしれない例外はいないことはない。・・・でもやはり基本はB振り安定。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。