カテゴリ:ポケモン育成論(旧) の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねごバレグロス

kage

2012/11/07 (Wed)


バレットパンチ/寝言@鋼鉄プレート
ガッサにめちゃくちゃ強い。終わり。

嘘。
こっちが本命(という程でも無いが)↓

ねごバレグロス(改)
バレットパンチ/冷凍パンチ/寝言@ちからの鉢巻
175(156)-202(228)-150(0)-x-126(124)-70(0)

C252振り臆病ボルトロスの10万ボルト超高乱数2耐え
H100振り程度のよくいる帯ボルトに対してバレP+冷Pで超高乱数。

仮想敵について
基本的には「ガッサ+何か」の並びに強い。というより、強くするために4つ目の技を削った。
(じゃぁ思念も入るだろって話。)
ガッサ⇒めちゃ強い。
ボルトロス⇒強い。
カイリュー⇒まぁ強い。
ラティ⇒まぁ強い。
ガブリアス⇒微妙。
(バンギ、ノオー等グロスがどんな型であろうとまず勝てるような相手は割愛。)


【メタグロスの ここが弱い!】
①技の質
致命的。特に命中が悲惨。

コメットパンチ:タイプ一致最大火力、でも命中85。
思念の頭突き:タイプ一致技、でも威力80しかない上に命中90の残念っぷり。
アムハン:威力100だけど不一致で命中難、更に地味ながらもデメリット効果付き。
地震:苦手な炎・電気に強い・・・と思ったら電気勢はなんか浮いてる奴多い。炎にしても、ウルガモスは地面等倍、サルやバシャはそもそも後出しされないから交代読み地震打つ機会なし。鋼勢についても、ハッサムや納豆には地震では大抵殴り負ける。

②以降
思いつかず(じゃぁ①とかナンバリングするなって話。)
よく考えたら種族値は暴力的だし、タイプも素晴らしいし、特性もまあ悪くないのにこんなに使い辛いのは全部技の質のせい。
スポンサーサイト

ニョロトノ 調整(配分)

kage

2012/10/20 (Sat)

【ニョロトノ 育成論 調整(配分)】

Notスカーフ
私が昔から愛用しているHCベースのニョロトノの調整紹介記事。
wikiに載ってないということで、テンプレではない模様。
でも効率面考えたら、こっちの方がテンプレ張りに強いと思ってる。
起源主張します。

■配分■
控えめ 197(252)-x-111(124)-137(116)-121(4)-92(12)

HP実数値を191にしたくなる気持ちも分かるが、ニョロトノの場合、HP191にしてしまうと総合耐久で大幅に損をしてしまう。

・物理耐久
鉢巻ガブの逆鱗確定耐え(>意地っ張り珠バシャの飛び膝)

・特殊耐久
眼鏡ラティオスの流星群乱数1発 (37.5%)
眼鏡グドラの流星群確定耐え
C252振り臆病ボルトロスの10万確定耐え

・火力
ジュエル波乗りで無振りローブシン確1(割合: 112.2%~132.2%)
冷凍ビームで191ガブ確1

■技構成考察■
波乗りor熱湯/冷B/滅びの歌/どくどくorアンコ

・水技(波乗りor熱湯)
波乗りだとジュエルを持たせればD耐久の甘いローブシン(火炎玉型などに多い個体)を1発で落とせる。
ドロポンは論外。

・冷B
191ガブ確定1。
スカガブや鉢巻ガブには大抵勝てる。
ただしカイリューにはまず勝てない。
ボルトロスやサンダーに対して、波乗りならそっちの方がダメージ入る。

・滅びの歌
耐久型相手に超便利。
滅びの歌を使えるポケモンで、十分なスペックを持つポケモンはこいつくらいしかいない。

根性ヘラクロス 育成論

kage

2012/10/04 (Thu)

【根性 どくどくだま(火炎玉) ヘラクロス 育成論】

インファイト/メガホーン/からげんき(orエッジ)/みがわり@どくどくだま
意地っ張りAS

催眠耐性を寝言でなく持ち物で補った型。

◎身代わり
カバルドン初手対面で身代わり大安定。
ガッサにも初手身代わり安定(だった)。

◎メガホーン
メガホーンは格闘を半減で受けるエスパーに抜群、よって非常に相性が良い。
・・・・とは限らない。実際エスパーのメジャー処、ラティやランクルスには空元気で間に合うことも。
実際に必要となってくる相手はクレセリアとヤドラン。この2体を意識するかどうか。
ちなみに、HB特化クレセだと乱数で耐えてくる。

◎からげんき
サンダーとボルトロス。根性発動してないと意味ない。
当てれるならエッジの方が結局強い。

ローブシンと無償対面した場合、格闘半減のおかげでまず勝てるが、相手が根性モードに突入しているとやばい。根性からげんきで致命傷。

テラキオンにはまずまず勝てる。バシャーモは無理。
せっかくの格闘半減なのに、格闘勢にそれほど強いわけではない。

投げつけるについて。
これを入れるために何か切るなら身代わりだが、正直勿体無い。
殴るよりも投げつけたい相手があまり思いつかない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。